NEWS

『写真批評』復刊のお知らせ

東京綜合写真専門学校の創設者であり写真評論家として活躍した重森弘淹(1926〜1992)によって1973年4月に創刊され7号(1974年)まで続いた批評誌『写真批評』(東京綜合写真専門学校出版局)を、批評の場の再構築を目指してこの秋に復刊いたします。

▶︎『写真批評』編集長、調文明からのメッセージ
半世紀のときを越えて、『写真批評』が復刊します。
1973年から2022年までの50年間に写真をめぐる日本の状況は大きな変貌を遂げました。前半の25年間は構築の時代として写真を価値づける場が相次いで整備されていきます。写真専門のコマーシャル・ギャラリーや自主ギャラリーの設立、新聞社やカメラメーカーが主催する写真賞の創設、写真を売りにした多種多様な雑誌の創刊、そして東京都写真美術館の開館など……。
一方、後半の25年間は瓦解の時代として整備された場がゆっくりと瓦解し始めていきます。業績不振によるカメラメーカー系ギャラリーの縮小および撤退、若手の登竜門的存在であった写真賞の終了、写真関連雑誌の相次ぐ休刊・廃刊、写真を扱う公立美術館の予算縮小など……。写真を価値づける場が瓦解することによって、写真批評にもまた大きな危機が訪れています。
1973年創刊の『写真批評』が前提としていた「写真」および「批評」は2022年の現在、その存在意義すらもすでに盤石のものではなくなりつつあるのが現状です。ですが、そのような危機的状況だからこそ、「写真」と「批評」の射程を細やかに検証し、改めて再起動することが必要になってきています。この復刊が瓦解の時代に新たな場を創出する、その一歩となれれば幸いです。
編集長 調文明(しらべ ぶんめい 写真史研究/写真批評)

▶︎刊行概要
『写真批評』
刊行予定:2022年秋(年1回発行予定)
判型:A5判(縦)
定価:未定
発行:東京綜合写真専門学校出版局
発行人:伊奈英次(東京綜合写真専門学校校長)

▶︎復刊第一号コンテンツ
復刊第一号では、彫刻家で評論家の小田原のどか氏をゲストに招いた座談会、『写真批評』編集部メンバーと東京綜合写真専門学校教員による座談会、山本和弘氏と倉石信乃氏、きりとりめでるによる論文、村上由鶴氏、中本憲利氏、調文明、深川雅文、戸田昌子氏の論考、伊奈英次氏のリレーコラムを収録予定。